Top
溶接

c0059140_016145.jpg













溶接中。
まだ床のデッキプレートが無い現場は足もとを見ると膝がすくむ。
そんなに高いってわけじゃないけど。

模型や図面では分からなかった事ばかり。

気付いた頃にはもう遅かったり、でもアレはあ〜してあ〜ゆー理由でこ〜なったわけだから、、、んんん、、、とか。
じゃあ、そこをあ〜するには、もう明日までにココを決めないとな〜〜。
あ、そろそろアレとアレも決めないと。打合せいつしよう?、、、、とか。

あ、でも論文提出まで1週間切ったし。。。とか。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2007-01-24 00:30
G-house、年末から今日まで

先月のアタマにコンクリートを打ったG-house。



c0059140_2492048.jpg
























その後、庭がナナメになって、



c0059140_2494368.jpg
























昨日からタテカタ開始。。。



c0059140_2495945.jpg
























目が覚めるキレイな朝焼けの中、柱のピースがアンカーボルトに留められて、



c0059140_301988.jpg
























1階の床の梁が架かって



c0059140_2501329.jpg



























雨の今日、仮留めが終わった。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2007-01-18 03:17
み〜つけた
最近はもっぱらセタジム二にいるわけですが、
ここいらにいると、どうやら「散歩」という文化が根づくようで、
「ちょっと散歩行って来る」みたいな言葉初めて使ったかも。

昨日、散歩がてら見つけた。


c0059140_2151830.jpg
























玉川台2丁目プロジェクト




c0059140_21514295.jpg























みかんぐみさん、石黒由紀、納谷兄弟、若松均の4人の建築家が一つの敷地を4つに分割して建て売り住宅を建てたプロジェクト。4つの中では石黒さんのが良かったかな。(外から見た感じ。インテリアは雑誌で知ってるけど)
ガラスブロックによって内外を隔てられた大きな気積がパンパンにつまってるような感じが外観から伝わってきてそれが見てて清々しい。とてもあいまいですが。。。

でも全部の棟に関して、GLと建物のデザインというか関係は全く何もなくて、こういうプロジェクトではそこが重要だとも思う。(しいて挙げれば、4棟共通の塗装が施されたコンクリート塀がグルっと回っていて、そこに外構に出て来るいろんなもの、例えばばメーターボックスとかポストとかを隠していた。)道路と建物はやっぱり「塀」でもって関係をいったん切っているって事ですか。。。。

ん!?いや、ようくみると完全な「塀」じゃなくて「塀」が壁になったり、車庫になったりしながら外周を回ってる。そういう事か。どうりで角地の建物(みかんぐみさん)は壁が塀の色をしているわけだ。なるほどねぇなるほどねぇ。それってなんなんだろう。んんんんんん。ま、いいっか。建物と道路、というか外部との何かしらの新しい関係を築いてるようには感じなかったけど。

どうやらharihariが論文の事例で取り上げるようなので、そちらの分析を楽しみにして待ちます。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2007-01-06 22:21
新年
明けましておめでとうございます。

新年から風邪っぴきでして、げほげほしながら慣れないwordと戯れています。

ところで年末の暴飲暴食のせいでめっちゃ太った。
yatti史上最大体重記録更新中。
朝起きたら顔がパンパン。
夜チリンチリン。


今年もよろしくお願い致します。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2007-01-04 05:07
ノアの箱舟
僕らは人類史上初めて地球環境問題に直面する世代の人間だ。
と、友達の誰かが言っていた。
だいたい50年後くらいに、なにかしらの問題が現実となって僕らに関係してくるという事だろう。
正直、その辺の事は疎いのだけれど、確かに友人の言う事は正しいかもしれない。

今回僕らが優秀賞を獲ったコンペティションは、
「温暖化地球におけるノアの箱舟」というテーマだった。
「建築と設備のトータルな調和をめざして」とう副題。

コンペのアイディアを考えている時から、考えれば考えるほど、テーマと相反する思考に向かっている自分がいた。つまり、人類を救うような箱舟ではなく、地球の終わり方の光景を描いていたような気がする。

あまりにも重いテーマと捉え、あまりにも生真面目な地球の未来の光景に思想をめぐらしていたものだから、例えアイディアコンペといえども、ヒアリングでの審査員の楽観的なスタンスには正直腹が立ったりもした。世界は決して均質なんかではない。



c0059140_1443344.jpg




資源としての書物/ノアの箱舟

地球上に均等に資源が配分された世界。
まるで永久に鉱山に眠り続ける鉱石のように、ひとつのマテリアル:チタンによって全て構成される箱を作った。本来建築とともにあるべき機械設備などはここでは使われていない。
その箱の大きさは建築よりは大きくて山などの自然環境よりは小さい。歩けば1週間ほどでたどり着けるような間隔で地球上に置いた。


その箱の中には言語が入っている。









とかって1週間前のことですがね。深酒すると日記が進むな~。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-12-11 02:12



 釜萢 誠司 / Architect
by seiji_kamayatti
以前の記事
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧