Top
展示用模型~9坪
9坪ハウスコンペの展示用模型を作った。



9坪ハウス展
期間:2006年11月16日(木)〜28日(火)
時間:10:00〜18:00 水曜休館
場所:渋谷 電力館2F TEPCOギャラリー
   東京都渋谷区神南1-12-10
入場:無料
主催:株式会社コムデザイン
協賛:東京電力株式会社
協力:株式会社文藝春秋TITLE編集部



c0059140_1654283.jpg






















どんな模型作ったって、賞の剥奪なんて無いわけだから、好き勝手作った。
壁は左官(モデリングペースト)
床は土間(セメント)
家具は椅子1脚のみでシェーカー風。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-11-09 16:59
造成地の地下
前面道路と敷地の地盤面は1800mmの高低差がある。
これは緩やかな斜面を宅地造成する事で生まれる郊外型ニュータウンの一つの形式。

だから、1800mm掘る事で前面道路とフラットにアクセスできる地下空間が作る事ができるのはニュータウンならではの特徴だと思う。
台所やお風呂とか、住宅に必要と思われる設備系統をこの地下空間(といっても道路と同じレベル高さ)に収める事で、敷地の上に建つ家型の中身は「からっぽの空間」になる。しかも、前面道路と同じレベルの地下空間というのは、例えば本来「ポンプアップによる雨水・汚水の排水」が通常である地下空間において、ここでは自然排水による処理が可能となっている。従来の地下空間のリスクは激減する。

昨日現場に行くと、前面道路と地下空間を繋ぐ「玄関」となる所の既存よう壁がくり抜かれていた。




c0059140_22232858.jpg




























チビッコが中に入って遊ばない事を祈ります。。。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-11-08 22:23
トレンチ
今、掘ってます。G-house。


c0059140_233813.jpg























半地下と言えどもスラブとか置き床のせいで2000mm以上掘ってる。
harigaiもスッポリだ。
地盤が良すぎて、ほぼ垂直に掘削してもびくりともしない。
まるで壁のよう。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-11-02 23:36
キタナカ撤収&title発売
c0059140_20473926.jpg










本日北仲white撤収作業。
今月いっぱいで全館のアトリエが撤収するので今は引っ越し作業でどこも
てんやわんや。もともと期間限定での入居だったため、終わりが来るのはわかってはいたものの、ひじょ〜に寂しい。





c0059140_20513064.jpg






















作業中に掘り出し物発見。
以前homが置いていったデッキチェア。
僕とharihariの新事務所に置かせていただきます。。。





c0059140_20541514.jpg












そんな中、、、「9坪ハウスコンペ2006」の結果が雑誌「title」とコムデザインのwebに掲載されました。「title」はインタビューも少し載っているので本屋に立ち寄った際に見て下さい。それにしても、よりによってスイーツ特集とは。。。でも案外面白かったりする。
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-10-27 21:02
B
昨日、G-houseの施工をやっていただいているKMT(工務店)が過去に手がけた名作を訪れた。


c0059140_2029921.jpg












←おのぼりさん1号 harihari









休日の東京ディズニーランド客がごったがえす京葉線に揺られる事17分、樹木の覆い茂った低層の団地と住宅展示場のような住宅街を練り歩くと、川面のゆらめきのごとき「B」は突如と出現する。。。。という風に建築探訪日記を書くのはやめて、以下感想。


徹底的に構成を視覚化できる視点をもたない、いわば断片的なシーンが連続する。そして「面」が強く表現されていてそれが空間の強さ(?)となっている。ひとつひとつの「面」に捨て面(?)が無く、それぞれのマテリアルが激しく主張している。その強い面がずるずると繋がっていて、Aさんの言葉をそのまま用いるなら「不均質なワンルーム」のような。

評論のための言葉のようになってしまったけど、住宅の内部からくるカタチの決定を放棄したつくりかたは、不思議とまわりの環境と家の中との腑に落ちるなにかしらの関係性があって、(よくわかんないけど)それが良かった。

たぶん、家のまわりの環境と家の中の体験に、なにかしらの関係性がつくられていない、もしくは無頓着な建物は「住宅展示場のモデルルーム」や「ニュータウンの建て売り住宅」になってしまうのだろう。建築家がつくる家でも、その視点から言えば住宅展示場の家は多いと思う。そしてその関係性とは決して「開く」事や「連続する」ことでは無いとも思っていてかの名作「森山邸」もその辺りが腑に落ちなかった。(ただブッチギリに開いていったその先にあるものの可能性が森山邸にはあって、面白いけど。)



ついでに言うと、強い空間がずるずると繋がるような不均質なワンルームを成立させている最大の立役者は、強くて、うっとりするぐらい美しいコンクリートの螺旋階段でなかったかと、思った。




c0059140_20153635.jpg
[PR]
# by seiji_kamayatti | 2006-10-22 20:33



 釜萢 誠司 / Architect
by seiji_kamayatti
以前の記事
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧